御神徳

<武御雷神>

鹿島神宮の祭神と同一であり、「武の神」として日清日露の戦いに武運長久を願う人が絶えなかった。

<毘沙門天>

左手に捧げたる水の玉の由来により「火の神」、右手に持つ邪を祓う棒により「厄除け」、七福神の一神により「福の神」の御霊験があり、古来より大牟田の氏神として、篤に崇敬があります。

<素盞嗚尊><奇稲田姫>

夏祭(祇園祭)の祭神にして夏越祭ともうしますように、暑気を避け、病気除けの「疫病退散」「五穀豊穣」の御神徳があります。

<手置帆負神><彦狭知神>
古語捨遺(古事記、日本書紀とともに最古の書物)に「手置帆負神、彦狭知神の二神、斎斧、斎鋤を以て、初めて山の材を採りて、正殿を構(つく)り立て給いき。」とあるにより「匠の神」「術の神」「産業守護の神」と称えられ、地鎮祭・上棟祭・新宅祭・作業安全祈願祭等、多くの御神徳を授けておられます。

<境内社 祭神>
当社には、境内社が二社ございます。 

一社は、「勝山稲荷神社」もう一つは、「猿田彦大神神石」です。

勝山稲荷神社」は、由緒は不詳ですが、長岡京があった京都府向日市にある、延喜式神明帳にも記載された向日神社(祭神は、当社と同じ「イカズチノカミ」であり、重要無形文化財の本殿は、明治神宮のモデルにもなった)の境内社「勝山稲荷神社」の御分霊を勧請したものと伝えられています。
稲荷社の祭神は、「宇迦之御魂神」であり、ご神徳は食物を作り出す神様とされております。「イナリ」の語源は、「稲成り」つまり五穀豊壌を意味します。
また「生成り」にも通じ物がふえる事を司る神様とされ、商売の神と信仰されています。

猿田彦大神」は、由緒によると「神石建立 天保十四年(1843年)十二月二十二日」とあります。 「猿田彦神」は、邇邇芸尊(ニニギノミコト)が天降りされる時に、天上にお迎えし、道のないところには道を造り、沿道を邪魔する邪神・悪神を祓い除けて、天の浮き橋を渡り、筑紫の日向の高千穂をご降臨の地とご案内された神様です。
その御神徳は、猿田彦神が通りや道々の角などに祀られている事で分かるように、道中・旅行の安全を守り邪霊から身を守る神様です。
又、夫婦仲が大変良く長生きされた事から、夫婦円満、長寿、病気平癒、高齢者の下半身健康に良いとされております。
六十日に一度訪れる「庚申の日」に「庚申待ち」を行う、「庚申信仰」として信仰されており、正月明けの初めての庚申の日には「初庚申祭」が斎行されます。
当社には、大きな神石(庚申塚という)が鎮座してあり、平成十九年に、その御神石を覆う庚申堂を建設致しました。

© 20⒚ Wix.comを使って作成されました

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now